一番悩む外観の提案がイメージ通りだと
即決していただけた


川端 満理奈

2016年に入社後、北摂店にて同期と3ヵ月間様々な職種体験や基礎知識を学び、 研修を経て枚方店にてインテリアコーディネーターとして配属。 70件近くの物件に関わり、2017年末の枚方店一部改装工事の仕様決めを担当。 お客様に私が担当で良かったと思っていただけるような接客を心がける。

学生の時に注力していたこと

学部内のコンペディションではチームワークの大切さを学びました。 一人ひとり得意分野が異なるので、その人が得意とする分野に配役を任せられるように全体のことを考えた結果、 計画的に作業をすることが出来ました。 仕事をする際にもお客様の打ち合わせ日を基準に、それまでにどんな資料が必要でいつまでに 依頼・確認をしなければならないか優先順位を立て逆算する癖がついているため、学生時代の経験が役立っていると思います。

秀光ビルドへの入社を決めた理由

もともと建築系の学校に通っていたため、この業界にしか興味がなかったのですが、 コーデイネーターという職に絞って多くの会社を受けた中で、社員の方の優しい印象がずっと記憶に残っていました。 面接の際も親身になって仕事のことについて教えていただき、 内定を頂いた後も社員の方から改めてコーディネーターの魅力を教えていただきました。 その際に社員の方同士が楽しそうにお話をされている姿を見て、温かい雰囲気の会社なのだと思い、入社を決めました。

印象に残っているエピソード

初回打ち合わせで私が提案した外観パースがイメージ通りだと即決していただけたことです。 外観に関しては、特にお客様が1番悩まれるので、何度も打ち合わせを繰り返し最終的な貼り分けと外壁の組み合わせを決定しますが、 初回打合せで外観が即決したのはこの1度きりです。 自分の自信にもなりましたし、お客様にも思っていた通りだと喜んでいただけ、 スムーズに打ち合わせをすることが出来たのでとても印象に残っております。

これから挑戦していきたいこと

コーディネーターの仕事をする際にはセンスだけでなく知識も必要です。センスを磨くためにセミナーやショールームにも 積極的に参加したいですし、知識を増やすという点で関連のある資格もどんどん取得し自分の武器を増やしたいです。 また、仕様のイメージを伝える際に出来るだけ違いのないよう、イメージパース等の技術も高めたいです。 仕事以外では一度しか海外に行ったことがないので、外国の様々な文化にも触れてみたいです。

オフの日の過ごし方

平日の場合は1人で活動することが多いです。いつもよりゆっくり起きてから部屋の掃除をし、 人の少ない時間に外に出かけ、買い物をしたりカラオケに行ったりします。 土日の休みは貴重なので、あまり会えない友達と会って一緒にご飯を食べるか、家族とゆっくり過ごします。

1日のスケジュール

09:00
出社、メールチェック、掃除
09:30
朝礼、業務
10:00
仕様打ち合わせ
12:00
お昼
13:00
業務
16:00
営業会議
18:30
業務終了
19:00
退社

学生のみなさんへメッセージ

就職活動に対して先の見えない不安や苦しい時期があると思いますが、毎日が知らない事に触れられる環境なので、 たくさんの良い刺激があります。そんな刺激を受け、自分は何が得意でどんな良い所があるのか、 見つめ直す良いきっかけになることは間違いないです。そして一番したいことは何なのか、ぶれない軸を作っておけば きっと自分に合った会社に出会えるはずです。辛いときもあると思いますがあまり抱え込まず、自分のペースで頑張ってくださいね。